« 顧客情報でインサイダー容疑、元銀行員逮捕へ | トップページ | 自殺図り意識不明の長男刺殺、母親に猶予判決 »

2010年4月23日 (金)

学校の石綿、公務災害認定へ=死亡教諭に逆転裁決、全国初−滋賀

 滋賀県の公立小学校に勤務し、アスベスト(石綿)が原因とみられる胸膜中皮腫で死亡した元教諭古沢康雄さん=当時(56)=の遺族が公務災害の認定を求めた申し立てで、地方公務員災害補償基金中央審査会が、公務外とした同基金滋賀県支部審査会の決定を取り消す裁決をしていたことが22日、分かった。同支部は近く公務災害と認定する。
 同基金によると、公立学校教諭の石綿健康被害をめぐり、中央審査会が公務上と認めた例は初めてという。
 審査請求していた妻弥恵子さん(61)は「危険性は教職員にも子供にもあるということ。健康診断などを受けられる体制づくりをしてほしい」と訴えた。
 遺族側代理人の山上修平弁護士は「比較的低濃度の石綿暴露でも中皮腫を発症すると適正に認定した事実は非常に大きい」と評価。「国が積極的に救済対策に乗り出すべきだ」と訴えた。
 裁決書によると、古沢さんは1973年から3年間、滋賀県湖南市(旧甲西町)の小学校で勤務。体育館の天井には石綿が吹き付けられていた。ほかに石綿にさらされる機会はなく、2002年4月に胸膜中皮腫で死亡した。 

|

« 顧客情報でインサイダー容疑、元銀行員逮捕へ | トップページ | 自殺図り意識不明の長男刺殺、母親に猶予判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352837/34341443

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の石綿、公務災害認定へ=死亡教諭に逆転裁決、全国初−滋賀:

« 顧客情報でインサイダー容疑、元銀行員逮捕へ | トップページ | 自殺図り意識不明の長男刺殺、母親に猶予判決 »