« てて | トップページ | 橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」 »

2010年4月14日 (水)

橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」

 大阪府と大阪市を再編する「大阪都構想」を唱える橋下徹知事は13日に放送された民放のテレビ番組で、2011年秋の大阪市長選について、「このまま平松邦夫市長と政治的に見解が合わなければ、(自ら出馬する)可能性はゼロではない」と述べ、構想を巡って激しく対立する平松市長らをけん制した。

 番組は12日夕に収録。橋下知事は、自らが代表に就いて19日に発足させる地域政党「大阪維新の会」について、「今の大阪市議は死ぬまでやりたい人ばっかりだから、大阪市の解体は無理。1期で構わない、大阪を変えたいと思うような集団を作る」といい、平松市長との対立が続けば「維新の会で、大阪市長を取りにいかなければいけない」と、次期市長選に候補者を擁立する可能性にも言及した。

 平松市長は「体制を変えればメリットにつながるというのは目くらましだ」などと批判している。

|

« てて | トップページ | 橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352837/34217312

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」:

« てて | トップページ | 橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」 »