« 県民大会、首長39人が参加へ=普天間県内移設反対で−沖縄 | トップページ | <普天間移設>沖縄知事、県民大会参加へ 発言を政府注視 »

2010年4月24日 (土)

「裁判員法は憲法違反」最高裁に特別抗告

 新潟市の元消防士の男が裁判員裁判対象の強制わいせつ致傷罪で起訴された事件で、弁護人の高島章弁護士が23日、「裁判員法は憲法違反の疑いが濃厚」として、最高裁に裁判官のみによる審理を求める特別抗告をした。

 申立書では、〈1〉憲法には国民に裁判官の権限を持たせる参審制の規定がない〈2〉被告が裁判官裁判を選択できないのは「裁判を受ける権利」に反する〈3〉裁判員対象として起訴された事件の多くが未済で、迅速な裁判がなされていない――などと主張している。

 高島弁護士によると、裁判員裁判を適用しないよう求める申立書を新潟地裁に出したが、山田敏彦裁判長は21日の第1回公判前整理手続きで、裁判員裁判で審理する考えを示したという。

 起訴されたのは、新潟市中央区、元市消防局消防士の浅田亨被告(29)。起訴状では、2008年12月に路上で女子高校生の口をふさいで脅し、体を触るなどしてけがをさせたとしている。

|

« 県民大会、首長39人が参加へ=普天間県内移設反対で−沖縄 | トップページ | <普天間移設>沖縄知事、県民大会参加へ 発言を政府注視 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352837/34356769

この記事へのトラックバック一覧です: 「裁判員法は憲法違反」最高裁に特別抗告:

« 県民大会、首長39人が参加へ=普天間県内移設反対で−沖縄 | トップページ | <普天間移設>沖縄知事、県民大会参加へ 発言を政府注視 »