« 「日本で裁判を…」殺害ブラジル人の遺族孤独死 | トップページ | 超党派で県内移設反対、きょう沖縄県民大会 »

2010年4月25日 (日)

首相、辺野古修正案否定…外相も米紙報道否定

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、岡田外相がルース駐日米大使との会談で米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への現行移設計画を修正する案を提案したと米紙ワシントン・ポストが報じたことに対し、鳩山首相は24日、「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒涜(ぼうとく)だ。現行案が受け入れられるという話はあってはならない」と記者団に述べ、現行計画や修正を強く否定した。

 岡田外相も同日、記者団に、ルース大使との会談について「最近会ったことは事実だ」と認めたものの、同紙の報道に対しては「事実ではない」と否定した。

 現行計画は、2006年に日米が合意した米軍再編の「ロードマップ(行程表)」に盛り込まれた。辺野古の周辺海域約160ヘクタールを埋め立て、シュワブ沿岸部と合わせて約210ヘクタールの飛行場区域を建設。飛行場には長さ1800メートルの滑走路2本をV字形に配置し、格納庫や駐機場なども設けるもので、14年までの代替施設完成を目標としている。

|

« 「日本で裁判を…」殺害ブラジル人の遺族孤独死 | トップページ | 超党派で県内移設反対、きょう沖縄県民大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352837/34373675

この記事へのトラックバック一覧です: 首相、辺野古修正案否定…外相も米紙報道否定:

« 「日本で裁判を…」殺害ブラジル人の遺族孤独死 | トップページ | 超党派で県内移設反対、きょう沖縄県民大会 »