« スリ未遂、今度は文科省職員…「ほかにも」 | トップページ | 森元首相、河野太郎幹事長代理を面前で批判 »

2010年4月15日 (木)

カメラ担いだ村本さんに水平射撃、即死か

 タイのバンコクで取材中、銃撃されて死亡したロイター通信日本支局カメラマン村本博之さん(43)は、ビデオカメラを右肩に担いだ状態で左方面から水平射撃を受けていたことが14日、警視庁の司法解剖で判明した。

 ほぼ即死状態だったとみられる。

 発表によると、村本さんの銃撃による傷は1か所。弾は鎖骨の下の左側面からほぼ水平の角度で入り、あばら骨に当たって右上腕部へと貫通していた。貫通した経路から、右肩にカメラを担ぎ、立った状態で左横から水平射撃を受けた可能性が高いという。

 死因は大動脈と左肺からの失血死と、心臓周囲に血がたまったことによる心肺停止で、銃撃直後に死亡したとみられる。銃の種類や銃撃の距離などについては、村本さんの衣服がないことなどから特定できなかった。

 同庁は石神井署に捜査本部を設置し、今後、タイの警察当局と情報交換し、村本さんが撃たれた状況の解明を進める。

 村本さんは銃撃された10日夜、反独裁民主戦線(UDD)のデモ隊と治安部隊の間で取材していた。UDD側も治安部隊側も実弾の水平射撃は行っていなかったと主張していた。

|

« スリ未遂、今度は文科省職員…「ほかにも」 | トップページ | 森元首相、河野太郎幹事長代理を面前で批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352837/34229713

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ担いだ村本さんに水平射撃、即死か:

« スリ未遂、今度は文科省職員…「ほかにも」 | トップページ | 森元首相、河野太郎幹事長代理を面前で批判 »